電力会社 電気料金 比較

電力会社の電気料金の比較

電力会社の電気料金の比較

 

電力自由化における電気料金の料金等のメリットを比較していきます。
今しばらくお待ちください。

 

新電力に対する期待と消費者に対する正しい説明の必要性

企業向けの大口需要にすでに実施されている電力の自由化が、家庭向けにも拡大されます。現在は、地域毎に独占的に発送電を行う電力会社から電力の供給を受けていますが、これが新電力と呼ばれる電力会社からも購入できるようになるのです。
発送電の分離と、新電力の参入で、電力料金が安くなる事が期待されていますが、それ以外に自分の考え方で購入先を選択する事が可能になる点も重要なポイントです。
例えば、原子力発電に反対なら、原子力発電を再開したり、再開申請を行っている従来の電力会社からの購入を避ける事もできます。また自然環境を考え、再生可能エネルギーを推進するべきと考えるなら、太陽光発電などの再生可能エネルギーで発電する新電力から電力を購入し、それを応援する事もできるのです。
電力会社各社は、従来電力会社も新電力も、電力の自由化に合わせて顧客の獲得を行う為、通信や様々なインフラ会社との提携でのセット割引を模索したりしています。
電力会社としては当然の動きかも知れませんが、このセット割引は、電力の自由化の趣旨を捻じ曲げる可能性もあり、注意が必要です。
電力自由化は電力料金の引き下げ効果が期待される一方で、停電の恐れやサービスの低下の心配が付き纏います。現在は電力会社は発電から個別の住宅の引き込みまでにメンテやサービス提供の義務を負っています。
こうした点が、電力の自由化以降どのように変化するのか、政府や業界はもっと説明すべきでしょう。安くなっても、こうした安定供給やメンテナンスサービスが悪化するなら、消費者にとってはメリットは半減です。
発送電の技術的説明と合わせて、こうした不安を払拭し、消費者が正しい選択を行えるようにすべき時期が来ていると思います。

 

 

新電力について

新電力(特定規模電気事業者)を利用することで、いろいろとメリットが多くなってきます。
従来の電力会社の電気を利用するのに比べて電気料金が安くなることは、見逃せないポイントになります。
新電力で利用している電力は、一般工場の発電装置で発電を行ったときの、余剰な電力を中心としています。電力会社に比べて人件費を上乗せする必要がないことから、電気料金を低く抑えることができています。また、新電力ではコスト削減がテーマとなっており、常に電気料金を安くしていくような努力が図られています。それで電力会社の電気料金よりも、ぐっと安く利用することができるのです。
新電力は余剰電力が多く発生する日中に多く利用することができ、夜間から早朝にかけては余剰電力が少ないので使えないという特徴があります。50kw以上の電力を必要とする特定規模契約者の場合に契約ができますが、たとえば日中だけの稼働で夜間は稼働しない工場、日中だけ経営している学校、日中だけの営業のスーパーマーケットなどでは特に有用で、新電力を利用することで電気料金を安上がりにすることができます。逆に夜間〜早朝に経営している50kw以上の事業者には、向いていないということはいえますので、新電力利用の際には予め認識が必要です。
新電力は災害時のバックアップ電源としても注目を集めています。災害発生地点の発電所がダウンした場合でも、新電力を利用して、電気の供給を受けられるというわけです。